お金をかけずに効果的なダイエットをしたいのであれば、まずは水の飲み方を工夫するところから始めてください。一番身近なところにある飲み物でボディケアができるのはありがたいことです。正しい知識を身につければ、無理なく続けられるので、大きな効果を期待することができます。

食欲を我慢できないときに空腹を抑える

お腹が空いた場合食べ物に手を伸ばすのではなく、まずは水を飲むようにしてください。空腹感が軽くなります。胃液が薄まり、食欲を抑えることもできます。カロリーを摂取することもないので太る心配がありません。「しょせん気休めでしょ」と軽視するのではなく、目標達成のためにも習慣として続けていくようにしてください。

お腹が空きそうだと思ったら水を飲むようにします。しばらくすると食欲が減退してくのを実感できるはずです。欲張って食べることや食べ過ぎの防止にもなります。食前に飲むことで気持ちを落ち着かせる効果もあるのでぜひためしてもらいたい習慣です。食前にコップ2杯飲むとダイエットの効果があるという研究結果も出ています。

基礎代謝が上がり脂肪が燃えやすくなる

細胞は水をつかって代謝をしています。きちんと飲むことで脂肪が燃えやすくなり体内エネルギー効率がアップします。痩せやすい体になり、運動へのモチベーションを上げることもできます。

デトックス効果もあります。体の循環がよくなりリンパや血液の働きが強まるので、溜まっていた老廃物の排出が促されるのでむくみが解消します。ほどよい水分量は便通もよくし、便秘の悩みもなくなります。余分なものを外に出すことで基礎代謝が上がります。

ダイエットに効果的な飲み方と量

飲むべき1日の量は体重の4パーセントほど。最低でも1.5リットルくらいは飲んでおきたいものです。ダイエット中はついつい水分不足になりがちなので意識して飲むようにしてください。

食中に水をたくさん飲むと消化の妨げとなり、あまりよくありません。夜寝る前に飲みすぎるのも、代謝がおいつかずむくみにつながってしまうのでおすすめしません。起床時と食前30分に飲むと効果的です。1度にたくさん飲むのではなく、コップ1杯をこまめに補給するイメージです。胃腸に負担をかけてしまう恐れがあります。

手軽に安く飲める水でかなりのダイエット効果を見込めます。一番大切なのは長く続けることです。燃えやすい体をつくるためにも、まずは飲み方を工夫してみるようにしてください。なかなか目標に達成できないという悩みが解決します。

毎日に積み重ねで健康な身体づくり

ボディケアを習慣付ける

・疲れたらスポーツドリンクやエナジードリンクを飲む。
・睡魔に襲われたらコーヒーを飲む。
・病気になったら薬を飲む。

現代社会は堕落した考えが蔓延しています。

エナジードリンクを飲めば一時的に疲労感はなくなる

コーヒーを飲めば眠気はさめるし医薬品を飲めば病院は直ります。
ですが根本的な原因に対処していないので一時凌ぎです。
時間が経過したら同じことを繰り返します。
本質を解説しないかぎりトラブルはいつまでも続きます。

身体の不調のシグナル

不健康の症状は身体が悲鳴を上げているサインです。
不健康な状態であることをわたしたちに伝えてくれるのですから無視してはいけません。
将来的に見たら取り返しがつかなくなるでしょう。
身体の違和感・不調があればその都度原因をしっかり見つけるべきです。

症状はひとつでも原因はさまざま

例えば眠気。
睡眠不足が原因かもしれません。
疲労が原因かもしれません。
疲労が原因でも眼精疲労が原因になっているかもしれません。
眼精疲労は栄養不足が原因かもしれません。

原因にはさらに原因がある

すぐにどれが本当の原因か特定するのは簡単ではありません。
もしも、自覚症状があるのであればひとつずつ原因をチェックしていくしかないです。
ボディケアは積極的に習慣的にやっていかなければなりません。

原因が特定できたら

継続的にボディケアしてゆきましょう。
一度症状が良くなっても繰り返すかもしれないですから予防することが大切です。
目先の効率だけを考えるのではなくて根本的にな治療をすることが急がば回れなのです。

現在人は目先の効率に重点を置きすぎています。
ボディケアをするならば、その分仕事をしたほうが良いと思っているふしがあります。
ですが健康体を維持できれば今の2倍の効率で仕事ができる可能性もあるのです。