修正ヨガをすることで身体のゆがみを知ろう!

まずはゆがみの5つのパターンを説明します。
(1)ねじれ(2)開閉(3)左右(4)上下(5)前後です。
これらを診断するにはどうすればいいのでしょうか?
まずは膝を持ち上げてみましょう。

その結果として左右差を調べてみましょう。
ここでゆがみが分かれば修正に入ってゆきます。
無理することなく自分の身体が本来持っている修正能力を発揮させるように動くことが大切です。
最後には整えた骨盤の状態をキープするポーズをして強化することです。
こうしておけば骨盤バランスの持続力は維持できるようになります。

骨盤のゆがみを自分で診察しよう

修正ヨガ――骨盤のゆがみを自己診断して無理なく調整できるエクササイズです。
心と身体の声を聞きます。
そして身体のバランスを整えます。
良い状態を維持するためにエクササイズします。
あなた自身のゆがみを感じとりそれに対処するのが修正ヨガです。