大人になるに従って出産するための準備をするので女性にはいろいろな身体の変化が起こります。
その代表格が生理です。
生理は一般的には25日から38日の間に繰り返します。
この期間に該当しない生理ならば生理不順です。
ダイエットや不規則な生活が原因だと言われます。
近頃はスタイルを気にしすぎる風潮にありますが、過度なダイエットは身体に大きな負担を強いるのです。
稀発月経や頻発月経や無月経
稀発月経は生理の周期が39日以上のものを言います。
逆に頻発月経は24日以内での周期での月経です。
無月経は3カ月以上に渡って月経・生理がないものを指します。

原因は多岐にわたり心因性のものでストレスや過度の緊張や脳の視床下部のトラブルなども考えられます。
予防対策としては、プレッシャーやストレスのない生活を送るしかありません。
あまり長く続くならば婦人科受診をしましょう。
基礎体温とつけておくと診察もスムーズです。

 

排卵痛について
排卵痛には色々な原因が考えられてはっきりと特定されていません。
たとえば、ホルモンバランスの崩れ・過度のストレスを受けている・肝臓機能が弱っている・卵巣表面の破れなどです。
とくに現代社会には付きものの過労やストレスは看過できない問題です。
排卵痛の治療方法
まずは鎮痛剤を処方してもらうことです。
一番効果的なのはピルを使う事ですが、避妊用薬品ですから万人にお勧めできるものではないdせう。
予防方法としては排卵の時期を知る為に基礎体温をつけておくこと。
またはストレス回避をすることです。

不正出血とは
排卵時に伴う苦痛が不正出血ですが、これは危険信号です。
痛み以外におりものが増えるという自覚症状やお腹に張りがあるなどの自覚症状が見られます。
基礎体温をつけておくと診察の参考になります。
予防方法は個人によってさまざまです。