春の季節

春は身体が緩んでくる季節と言われています。
その反面、生命力が目覚めます。
冬の間、縮こまっていた身体が次第に開いていくのです。

このときに生じる緩みが「だるさ」「むくみ」「身体のきれの悪さ」に繋がります。
場合によっては「眠気」を誘い、春眠暁を覚えずになるのです。
寝過ごしてしまうと困ります。

対処方法は骨盤を閉めるポーズです。
苦みや渋みの食事を摂取することも有効です。

夏の場合

日本の夏は高温多湿が特徴です。
抵抗力も弱くなり消化器系に負担がかかる季節です。
その結果として骨盤に左右差やねじれが生じることもあります。

この季節を上手に過ごすポイントは何でしょう?
それは心身とも熱くなりがちなことをクールダウンしてあげることです。
動き方は緩やかな動きで、しなやかない動きの水礼拝です。

ねじりのポーズ――柔軟性があり消化器系にほどよい刺激を与えます。
消化の良い食事を摂取するように心がけてください。

秋の場合

秋は季節の替わり目。
夏から冬へ向かう過渡期になります。
体調は季節の替わり目になるんで不安定になりやすいです。
崩れやすくにありますから夏に蓄積して消化器系のストレスをまずは解消しましょう。

寒い冬に向けてコンディションを整えることを意識してください。
快適な冬を迎えるにはどうすればいいでしょうか?
身体をリラックス状態にして骨盤をニュートラルにすることです。

秋は優雅な月礼拝をしてみてはどうでしょうか?
それで骨盤の捻れをとるのがおすすめです。
食欲の秋ですから旬の野菜も進んで摂取するといいでしょう。

断食も効果的で消化力が高まります。
骨盤はただしく修正されるでしょう。