疲れ目

目に対する血液の循環や身体全体への血液の循環をスムーズにすることが大切です。
疲れ目は腰痛や肩こりと同じメカニズムで発生します。

直接の原因は目の酷使・左右アンバランスの使用です。
これによって精神的緊張や肉体的なコリが発生して眼球とその周辺の筋肉が収縮してしまいます。
そして最後にはうっ血してしまうのです。

疲れ目対策

手・肩・首の筋肉をほぐすことです。
そうすれば身体全体の血液の循環がスムーズになります。
自律神経の副交感神経機能をアップすることがポイントです。

充血やかすみ目は夜になるにつれて悪化してきます。

視力に関係する筋肉が凝ったり、血液の循環が悪くなると疲れ目になります。
腰痛や肩こりと同じメカニズムです。

疲労感をヨガのポーズでケアする

もっとも簡単にできることは脱力・両手ブラブラのコースです。
このポーズはイスに座っていても簡単にできます。

本格的に床でするならば「手指そらし」や寝た姿勢の「三日月のポーズ」です。
寝る前にすると疲労回復には効果があります。

疲労とは

自律神経システム・免疫・基礎代謝が調整する働きのバランスが乱れることです。
毎日忙しく仕事をする人にとっては疲労を避けることはできません。
疲労感は二種類あります。
ひとつは休養したら改善するもの。
もうひとつは、何かの病気が隠れているもの。
長く疲労が続く場合は病院で精密検査を受けるといいでしょう。