子宮内膜症は、本来は子宮の内部にある子宮内膜が、子宮ではない部分で発生する疾病です。
毎月毎月、子宮内膜が繁殖と剥離を繰り返します。
ですが月経のときように外部に排出することができません。
体内にどんどんと増殖してしまいます。

その結果、激痛を伴った月経痛が起こりますから症状としてはわかりやすいです。
子宮内膜症の原因は不明。
ホルモンバランスの乱れだと考える説もあります。

生理のときに膣の外に出なければならないものがでませんから、卵管に逆流して癒着します。
治療法としては内服薬治療もありますが外科的手術もあります。