もともとは修業のために使われていた運動の一つがヨガです。
身体に負担がかからないのが特徴です。
それは激しい動きではないからで、精神統一をしつつリラックスして行うからでしょう。
ヨガに欠かせないもの
それは呼吸の仕方です。
鼻から息を吸います。
そして身体全身に巡らせるようにします。
最後に鼻から出しますが、この一連の動きが基本です。

日常的に使わない筋肉を運動させることにより基礎代謝がアップします。
その結果、消費カロリーが増えて太りにくい身体が維持できます。
ヨガは頭痛にも効果がある
ヨガでは脳内腫瘍や頭痛などの疾病でない場合「血管痛」と捉えます。
頭への血流が滞るので要注意です。

中指をほぐすことによって自律神経のアンバランスさをケアする方法もあります。
ストレスで収縮してしまった脳の血行不良を解消したりも出来ます。
おすすめは「頭を押して転がすポーズ」です。
また「コブラの変形ポーズ」なども実際に床でやるポーズがで人気があります。
頭蓋骨のズレを取りのぞいてくれる効果があります。
頭や肩の血液の流れを良くしてくれます。