東洋医学では冷えは疾病の予兆だと考えられています。
身体の「気」「血」「水」のバランスが乱れているのです。
西洋医学でも血流の悪さが冷えの原因になります。
身体を温めること――これが健康になるポイントになっているのです。
冷え性が原因になる身体と心の病
血液は身体のあちらこちらに栄養素や酸素を運ぶ大切な役割を演じています。
そしてウイルスなど身体に不必要なものが入ってきたときに闘ってくれる白血球を運ぶ役目もあります。
現在人は体内深部の体温が下がっている
身体が冷えてしまうと頭痛や肩こりがまずおこります。
そして、次第に腎臓や肝臓にもトラブルを拡大します。

不妊症の原因になるのも冷え症が関係しています。
心の冷えも喜怒哀楽がでずらくなってしまいます。
冷え症はその症状のみならず人間の心も冷やしてしまうから恐ろしい
血液がスムーズに流れなくなると冷え症になりますが、これは四六時中身体が緊張状態にあることを示しています。
冷え症が継続してくると肉体的な疾患のみにとどまりません。
気持ちまで凍り付いてしまうから恐ろしいのです。
冷え症が重症化すると自分の感情の制御ができなくなり恐ろしい結果になることもありますので注意してください。

 

冷え性について

現代社会のライフスタイルそのものが冷え性の原因になっています。
夏は暑いです。
エアコンを手放せない生活になっています。

外出して汗をかいたあとに涼しいエアコンが効いた部屋に入ります。
そうすると発汗作用で下がった体表温度がさらに下がってしまいます。

冷蔵庫・運動不足・ストレス・睡眠不足も危険
最近は季節を問わずに冷たい飲み物を飲みます。
これは身体の冷えを助長させることになります。
運動不足も血液の流れが悪くなりますし、睡眠不足やストレスでも冷え性になりやすいです。
冷え性は身体のエネルギー不足や血流の悪さのシグナル
「冷え」という概念は西洋医学ではありません。
代謝が悪くなった・血液の循環が悪くなったことから生じる熱生産が不足していると判断するのです。
逆に東洋医学は「冷え」は病気の引きおこすサインとして診察されます。
冷え性になるとどんな影響があるのでしょうか?
血流が悪くなりますから、酸素や栄養素が身体の端々に届かなくなります。
基礎代謝が悪くなりますから身体の中に有害物質が滞留することになり血管が詰まりやすい状態になります。
リンパ球が減少し免疫力も低下します。

女性に冷え症が多いのは、脂肪と筋肉の関係によります。

最近では男性にも冷え性が増えてきて隠れ冷え症とも言われています。
朝起きて身体の各箇所を触って体温を調べてみましょう。