胃痛・胃もたれ・不眠をヨガで直す

胃痛・胃もたれ

内臓のトラブルはうっ血や貧血が原因になっていることが多いです。
胃痛や胃もたれはむかむか・ずきずき・きりきりとした症状がでます。
食生活の乱れやストレス・自律神経の機能低下が原因と言われています。

内臓の血液の循環をスムーズにしましょう。
そのためには腹圧を高めることです。
そうすれば自律神経が内側を通っている背骨のゆがみが大切なことになります。

内臓は相互関係が高い

とりわけ胃は腎臓と肝臓の密接な関係があります。
いずれも機能低下させないようにすると健康が維持できます。
ヨガでは「腸を伸ばすポーズ」や「お腹をしぼるポーズ」が効果的です。
腸を伸ばすポーズは排泄を促進してくれます。

不眠

脳が過度に緊張してしまうのが不眠の原因と言われています。
不眠対策には脳の寛ぎを促進してあげましょう。
手を和らげるようなマッサージをすると効果があります。

考えがまとまらなかったり不安になると心が落ち着かなくなり不眠になります。
首のコリをほぐすと頭の血行を良くしましょう。
安心して眠るには頭の血行をスムーズに流すことがポイントです。

全身の筋肉の緊張をほぐすこと

頭のみならず肩や首の緊張もほぐしてあげましょう。
深呼吸は効果があります
副交感神経が優位になってくれますから安眠できるようになります。